ルイ・ヴィトン“立体的モノグラム・パターン”の「アルマ」など新作バッグ、ドッド柄「カプシーヌ」も

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の2022年春夏ウィメンズコレクションより新作バッグが登場。“時”の仮面舞踏会へと誘う今季のアイテムは、クラシックとモダンが入り混じる主張的なデザインが魅力だ。 アイコンバッグの「ドーフィーヌ」や「アルマ」には、格子模様とモノグラム・パターンのシルエットにカットアウトされたパテントカーフレザーが用いられた。ゴシック調のムードが漂う、ブラックとレッドの重厚感あるカラーでありながら、まるでメッシュのような軽やかさも兼ね備えている。 “LV イニシャル”が目を引く「ドーフィーヌ」のマグネットスタイルの留め具やストラップの金具は、ボディと同色のマットな素材へとシフトされ、モノグラム・パターンから透けるライニングとのコントラストが鮮明に。 また、パリのアルマ橋から着想を得た構築的なシルエットが特徴のアイコンバッグ「アルマ」も、パドロックやキーケースまで同じ色で統一されている。付属のバッグインバッグのカラーが中から透けて見え、モノグラム・パターンがより立体的で、装飾的な魅力を纏ったデザインに仕上げられている。 【関連記事】:2021時代を超えて愛されるブランドバッグ

サートグラフ 2022-23年秋冬コレクション、”ミニマリズム的脱構築”への挑戦

サートグラフ(SARTOGRAPH) 2022-23年秋冬コレクションが発表された。 テーラリング技術をベースに、ワークウェアの要素を加え、モダンでミニマルなワードローブを展開しているサートグラフ。今季は、‘MINIMALIST DECONSTRUCTION’(「ミニマリズム的脱構築」)をコンセプトに、ブランドらしいテーラリングをメインとする都会的なワードローブを、ミニマルな世界観によって脱構築することを目指した。 コレクションを発展させるのは、今季のサブテーマとして掲げた「異素材のコラージュ」と「1960年代のイギリスのモッズスタイル」というふたつのキーワードだ。とりわけ「異素材のコラージュ」はコレクション全体に落とし込まれている要素で、シャープなテーラリングを軸としながらも、異なる素材や色味を合わせたエッジィなスタイリングを作り上げている。 例えばワンピースのように着れるピンストライプのベストには、オーバーサイズの鮮やかなスウェットをはじめ、シャツやアウターをレイヤード。また今季は男女共に、コートの襟とスロートラッチをモチーフにした”ネックギア”も特徴的で、スタイリングのアクセントとして重要な役割を担っている。ネックギアはスカーフのように取り付けることができ、グレンチェックやキャメルのウールといった上質な素材で表現された。 【関連記事】:今年のオススメはスポーティー、カジュアルが

シンプルなコーデも映える! 個性派デザインのBAG

爽やかな季節にぴったりな明るいカラーのBAGは、持っているだけでコーデを春仕様に格上げ! ファッションモデルの武居詩織さんと、これからの季節にぴったりな新しい風を感じる個性派BAGをご紹介。 定番の「FURLA 1927」から、イタリアの甘い春をフローラルプリントで表現したモデルが登場。春夏にぴったりの華やかな佇まいのバッグで、ショルダー、クロスボディの2wayでお使いいただけます。 柔らかいホワイトを基調にしたカラーリングの、ケイト・スペード ニューヨークのアイコニックなパターンであるスペード フラワーに、桜のモチーフが加えられた特別感あるデザイン。シーズン問わず持ちやすいPVC加工を施したキャンバス地や、しっかりとものが入る大きさ、かっちりしすぎないフォルムが、デイリー使いしやすいバッグです。 カジュアルな巾着バッグとして大人気の「Wells Mini Mini-Canvas(ウェルズミニミニキャンバス)」。オフホワイトのキャンバス生地が素材のコントラストを引き出し、今まで以上にデザインのディテールが強調されています。Mini Miniサイズなので、トラベルの際などバッグinバッグとしても活躍。 【関連記事】:ブライトリングスーパーコピー激安n級品

ルイ・ヴィトン“立体的モノグラム・パターン”の「アルマ」など新作バッグ、ドッド柄「カプシーヌ」も

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の2022年春夏ウィメンズコレクションより新作バッグが登場。“時”の仮面舞踏会へと誘う今季のアイテムは、クラシックとモダンが入り混じる主張的なデザインが魅力だ。 アイコンバッグの「ドーフィーヌ」や「アルマ」には、格子模様とモノグラム・パターンのシルエットにカットアウトされたパテントカーフレザーが用いられた。ゴシック調のムードが漂う、ブラックとレッドの重厚感あるカラーでありながら、まるでメッシュのような軽やかさも兼ね備えている。 “LV イニシャル”が目を引く「ドーフィーヌ」のマグネットスタイルの留め具やストラップの金具は、ボディと同色のマットな素材へとシフトされ、モノグラム・パターンから透けるライニングとのコントラストが鮮明に。 また、パリのアルマ橋から着想を得た構築的なシルエットが特徴のアイコンバッグ「アルマ」も、パドロックやキーケースまで同じ色で統一されている。付属のバッグインバッグのカラーが中から透けて見え、モノグラム・パターンがより立体的で、装飾的な魅力を纏ったデザインに仕上げられている。 【関連記事】:2021時代を超えて愛されるブランドバッグ

美しい材質の創造芸術と表工芸の貴重な結晶

最新の経典融合シリーズのオリンズキ腕時計は曼妙光影を腕の間に凝縮し、優雅に芸術家のリチャード・オリンズキのシンボル的な美学デザイン要素を融合させ、表面の文字盤などの職人心の細部を集めています。新しい時計は豪華腕時計愛好家のために心を込めて作っています。40ミリの直径の時計の殻はチタンの金あるいは王金の2種類の材質があって、装飾の明るい式を入れてダイヤモンドを切断して、きらきらと輝いて、きらきらと光り輝いて目を輝かせて、腕の間の佳作を宝石の芸術の逸品に幻化します。
ウブロ(HUBLOT)|ウブロは正規輸入高級時計専門店
スイスの知名の表ブランドHUBLOT宇舶表は再びリチャード・オリンズキと手を携えて、芸術要素とクリエイティブテクノロジーを融合させて、傾情して六種類の新しい経典融合シリーズのオリンズキ腕時計を作り出して、経典融合シリーズのAeroの透かし彫りの時間コード表と陀飛輪腕時計の成功を続けています。リチャード・オリンズキの要求に応じて、新しい腕時計は小さいサイズで設計研究開発を行います。新しい顧客層を誘致するためだけです。芸術家の経典彫刻作品の中で、彼はエッジ、面取り及び彫刻要素を使って、その標識性の角がはっきりしている風格を表現します。これらの元素は正確な比率の縮小を経て、新しい腕時計の文字盤のデザインに溶け込み、美しい鏡面効果を作り出しました。マットな光と黒いゴムのバンドは低調で優雅で、魅力的な文字盤と鮮明な視覚コントラストを形成しています。新しい腕時計は4枚のダイヤモンドの殻を入れた時計のモデルを含み、宝石のように煌々と輝く魅力的な視覚効果をもたらし、バンドとの間に形成された視覚的な衝突が一層激しくなっています。
ダイヤモンドは屈折率が最も高い宝石で、リチャード・オリンズキの彫刻を完璧に再現した代表的な鏡面研磨表面の理想的な材質です。4つのチェックリストはいずれも十二辺のドーナツを採用しています。これも2017年に双方がクリエイティブ提携を開始するシンボル要素です。表の輪には54個のダイヤモンドがはめ込まれています。表殻には210個のダイヤモンドや部分をちりばめて112個のダイヤモンドがはめ込まれています。もう2つの新作腕時計は貴重な宝石を捨て、より柔らかい光で魅力的なスタイルを演出します。全体のデザインは純粋な線で簡潔な美感を表現しています。オリンズキの作品の中の標識性鋭角の形だけではなく、異なる材質の運用によって魅力的なグラデーションを作り出しています。
http://www.supre2020.com/watch/hublot
リチャード・オリンズキはあらゆる芸術形式の芸術大師を熱愛するだけでなく、芸術を普及させる積極的な提唱者でもある。彼の彫刻作品は分かりやすくて、クールの舎維勒(Courchevel)、多維(Deauville)などの美しい屋外環境に美しい風景を添えました。彼は伝統に挑戦し、各種の表現形式の絶妙な融合を追求しています。六種類の新しい経典融合シリーズの腕時計の背後にある創作の源泉として、リチャード・オリンズキは新しい取引先群――優雅な女性及び永遠の宝石或いは彫刻作品の追求者を引き付けます。双方が共同で発表した経典融合シリーズAeroの透かし彫りの時間コード表と陀飛輪の腕時計は芸術と表工芸の融合の美しさを表しています。同時に人々に微妙な情報を伝えています。芸術の香りが強い腕時計の逸品は身につける効果が方面では華麗な宝石に匹敵します。身につける者に優雅で魅力的なスタイルを与えます。

Huブラック宇渡表河内初のベトナム精品店

Hublot宇の輸入をランラン表著名なピアニスト、河内開設新しい逸品の店で、これもブランド初のベトナム逸品の店。
Amazon.co.jp: HUBLOT: 腕時計
Hublot宇汽船表のCEO Ricardo Guadalupe、アジア太平洋地域の担当者Miwa Sakai、欧佳時ディレクターマイケルTayや、ブランド大使ランラン開会式典。
新しいブティック立地河内ソフィテル伝奇大都市ホテル、この五つ星ホテルは歴史は悠久で、極めて伝説は、地元のエリート顧客ぜいたく品購入の目的地ではトップ。第2日を祝って、新しい逸品の店の開幕、ラングはハノイでオペラハウスに献上する素晴らしい演技。約500名様に参加したコンサートを含め、ベトナム副首相とフォーブス億万長者、そしてMiracleからChoir & Orchestra慈善団体の児童。いち月2015年、ラングHublot宇表大家庭に輸入し、ブランド大使を務めている
ブティックを展示販売Hublot宇汽船表最新腕時計製品や、シンボル性の大爆発シリーズ、現代化の経典の融合シリーズとManufacture Piecesシリーズベスト時計。
http://www.nice2019.top/watch/hublot
また、Hublot宇汽船表を通じ、河内店を含むグローバル店発表ブティック専属腕時計

宇舶表フェラーリテーマ北京特展と李朝手を手にしたアイデアと情熱の融合

2017年6月23日、宇舶表とラリー 激情が北京 SPに初めて宇舶表フェラーリ テーマ特集を披露した。車表分野 トップブランドとして 協力 手本として、宇舶表とフェラーリが手を携えて、6年で機械 霊動とアイデアを融合させ、今回 特展が6月23日から29日にかけて、宇舶表によって作られたフェラーリ 腕時計 傑作を集めている。
ウブロ|ブランド|時計・腕時計正規販売店 BEST ISHIDA
展示中には、貴重なフェラーリモデルが展示されており、これにより、スポーツカー 設計 歴史をうかがうことができます。開幕に際して、有名な俳優である「レーサー」 李朝も特展して、自分 時計 時計 デザインを話したり、現場体験をしたりします。

俳優、レーサーなど 複数 身分を持つ李朝が開幕式 現場に現れ、宇渡表大中華区総経理 ルイ・ビフと共に展覧会を披露した。謙虚な外見 下で、激昂した力と信頼性 品質は李朝が人生 道を切り開いて、観衆 目 中 忠厚い俳優、実写 中で爆発力 ある能力者になって、彼は絶えずイメージと能力 限界を突破して、異なった自分を創造します

2011年には、宇舶来表はフェラーリと同じ心で、グローバルな戦略的パートナーとなっています。制表 分野で発売されたE – 05 「ラファリ」 腕時計には、動力を打ち破る世界記録を打ち破る自産 機軸を搭載し、スポーツカー愛好者 夢にもなる。

今年では、チームフェラーリが70周年を迎えてきたダッフルは、世界とフェラーリ 魂 融合を表すだけでなく、自動車世界と製表 分野 協力をピークにした。「フェラーリは設計を集中して、宇舶表が精密な製造に取り組んでいます」――転覆性 協力 仕方には、マラネッロにあるフェラーリ プロチームは、スポーツカー特有 3つ 基礎として、要素 デザイン腕時計――外層フレーム(コンボ)、中層骨組み(Skeleton Misdle)を構成している。スイス ニヨンにある宇渡表チームは精密機械で、抜群 力、卓越した表現、迅速な感度など 特質を現実に変え、宇舶表 「融合した芸術」 理念を完璧に表現する。

http://www.nice2019.top/watch/hublot

これに対して、宇舶表大中華区 ルイ・ビフさんは「運動、性能、科学技術、共通 DNAが、宇舶表とフェラーリと 協力を深めていくことによって、想像を超える製表 成果が無数に発生しています。今回 特展は、振り返っているだけでなく、みんなが創造力に対する皆さんを刺激することを期待しています」と話しています。だから、そ ために、それは新しい起点であり、私たちにもっと未知 未知を発掘していく。